• ホーム
  • 禁煙手段のチャンピックスの特徴と喫煙が戻るケース

禁煙手段のチャンピックスの特徴と喫煙が戻るケース

2020年01月15日

禁煙をするけれども途中で挫折してしまい、喫煙習慣が戻ると言うケースは多くありますが、喫煙習慣が戻る理由と言うのは多くの場合が離脱症状に耐えることが出来ない事でタバコを再び吸い始めるのが多いものです。
タバコに含まれているニコチンは長年喫煙をしている人の場合ニコチン依存が高くなっており、ニコチン切れの状態になると離脱症状が起きる事になります。
落ち着かない、いらいらする、眠れないなど様々な症状が報告されていますが、中でもタバコを吸いたいと言う欲求が強まるのは禁煙をする人の多くが感じる離脱症状の一つです。

このタバコを吸いたいと言う欲求を抑えてくれるのがチャンピックスです。
チャンピックスは禁煙補助剤の一つで、禁煙治療薬になります。
禁煙を行う手段として有効と言う事からも、病院での処方を受ける事が出来る事、禁煙治療としてかかる治療費は保険が適用されるため、経済的な負担を軽減させることが出来るなどの利点を持ちます。

尚、チャンピックスは12週間の禁煙プログラムの中で服用し続ける事で離脱症状を抑えて禁煙に導いてくれる医薬品でもあり、病院での治療を受けると同時にチャンピックスを服用することで禁煙への成功を遂げると言われています。
但し、チャンピックスを途中で服用するのを止めてしまったり、通院を止めてしまう事で喫煙習慣が戻るケースもあります。
そのため、禁煙治療を受ける場合には医師の指導をきちんと守って治療を受ける事、そしてチャンピックスが処方されている場合は、毎日きちんと服用し続ける事が禁煙への成功に導いてくれると言う事です。
因みに、チャンピックスには幾つかの副作用が起きると言われているため、気になる症状が起きた時はかかりつけの医師に相談することが大切です。