公開履歴
灰皿の中にあるタバコ

タバコをやめられない人はニコチンに依存してしまっている人でしょうが、そもそもニコチン依存は薬物依存症の一種です。
一般的にニコチンの摂取はタバコによる喫煙からであり、葉巻タバコや紙巻タバコが挙げられます。
常習的な喫煙により、薬物依存と習慣依存によって自らの意志で止めることが困難になった精神疾患のことを指し、精神医学でも認められている疾患です。
ニコチン依存の治療には禁煙外来という専門外来にて行います。
主に禁煙支援をするカウンセリング療法とニコチン依存を緩和する禁煙法を同時に行います。
これまでは保険の対象外で自費治療だったため治療を敬遠する傾向にありましたが、健康保険の適用されるようになったことにより、治療を希望する方が増えています。

保険適用には医師による診断が必要で、喫煙状態や依存度の検査によります。
さらに、禁煙外来を新設する医療機関も増えているので利用しやすい環境が整っています。

最近では電子タバコやニコチンガムなどニコチン依存者向けの禁煙商品の販売が行われています。
購入方法は医療機関や薬局で購入することができ、手軽に使用できることから重要が伸びています。
しかし、事前の医師による診断を勧めている商品もあるので、医師に相談してから使用した方が安全でしょう。

チャンピックスってなに?

チャンピックスは禁煙のための内服薬で、医師の指導の下に使うもので12週間かけて禁煙を行っていくものです。
今までの禁煙用のタバコやパッチはニコチンが配合されていました。
そのため、いくら禁煙をしていてもニコチンへの依存度は変わらず禁煙に失敗してしまうケースが多くありました。
しかしチャンピックスは禁煙成功率が約78.5%で、1年後も禁煙が継続している人が44%と言われています。
これまでに使用されてきた禁煙用のタバコやパッチでの1年後の禁煙率が5%~10%ほどと言われているため、高い成功率を誇っています。

これはチャンピックスは服用することでニコチンよりも先に脳内にあるニコチンの受容体と結合し、タバコを吸ってニコチンが体内に吸収されてもタバコがおいしいと思わなくなることが理由です。
吸収されたニコチンは脳内のニコチン受容体に結合すると快感を感じさせるドーパミンを放出するため、タバコがおいしい、タバコを吸うと落ち着く、という状態になるのでタバコを吸い続けてしまいニコチン依存が進んでしまうのですが、チャンピックスはニコチンよりも先にニコチン受容体と結合してしまうため、タバコを吸ってもおいしく感じなくなり、禁煙に成功するのです。

チャンピックスの特徴は一定の条件をクリアすれば健康保険が適用されるため、12週間で約20000円で処方してもらえることです。
12週間のタバコ代が約30000円かかってしまうことを考えると、低額で禁煙をスタートさせることが出来るのです。
一度チャンピックスを服用して禁煙に失敗したとしても、1年経過すれば再度保険が適用されるため、やり直し安いのも特徴の一つとなります。

チャンピックスは通販で購入も出来ますが、保険を適用して治療を行なうのが1番安上がりです。
逆に自費診療が1番費用が高くなってしまい、通販での購入は保険適用の場合と費用はほとんど変わりません。

ですからチャンピックスを通販で購入したほうがよいパターンとは自費診療で治療を行わないといけない状況でするのが1番でしょう。
チャンピックスを通販サイトで買う方法をまとめたサイトもあるため、購入の際には一度参照してみると良いでしょう。

チャンピックス以外の禁煙補助剤もある?

禁煙をしたい人が自分だけの力では禁煙が出来ない、禁煙に挑戦したけれども途中で我慢できなくてタバコを吸ってしまったと言った人が禁煙をする時などに利用できるのがチャンピックスです。
チャンピックスは禁煙補助剤の一つで、ニコチン成分が含まれていないと言った特徴があります。

他にも禁煙補助剤はありますが、大半の禁煙補助剤にはニコチン成分が少量含まれており、ニコチン依存を抑制させながら禁煙に導くと言った特徴があります。
ニコチンは体内に取り込まれると数秒で脳内物質のニコチン受容体と結び付くのが特徴でこれによりドーパミンが分泌されてタバコを吸った事での満足感を味合う事が出来ます。

チャンピックス以外の禁煙補助剤には服用するタイプ、ガム式タイプ、パッチタイプなどがありますが、ガム式タイプと言うのはタバコを吸いたくなった時に噛む事で唾液によりニコチン成分が体内に入る事でドーパミンの分泌を促し、パッチタイプは身体に貼り付けておくことで、体内にニコチンが浸透すると言った特徴があります。
チャンピックスとの違いはニコチンを摂取するかしないかでしょう。
このような禁煙補助剤はタバコとは別の方法でニコチンを摂取しているため、結果的にニコチンを欲しているということに変わりはありませんが、チャンピックスはそもそもニコチンを摂取しないで禁煙ができるのです。

チャンピックスは服用するタイプの禁煙補助剤で、1~3日目まで、4~7日目まで、8日目以降と言った具合に服用する薬の量が増えるのが特徴で、ガム式タイプの禁煙補助剤とは異なり、1日1回もしくは2回の服用を続けることでニコチン依存を下げる作用を期待出来るため、12週間しっかりと服用していくことで禁煙の成功率を高める事が出来ると言った特徴を持ちます。
また、ガム式タイプやパッチタイプの禁煙補助剤は医薬品ではありますが、ドラッグストアなどでも購入する事が出来るのが特徴ですが、禁煙補助剤は色々な種類を同時に使う事は推奨されていないので注意が必要です。